アスタキサンチンはどれだけ摂ればいい?

トップページ
お気に入りに追加

アスタキサンチンはどれだけ摂ればいい?

koma

美肌や抗酸化作用に優れており、細胞の生まれ変わりなどをサポートしてくれるアスタキサンチンにはメリットがたくさんあると思うのですが、実際摂取するにあたり、サプリメントなどを使う場合を考えると、長期にわたって続けることで副作用の心配などはないのでしょうか?

いくら健康食品であるからといっても甲殻類から摂取出来る成分なので、「アレルギーなどの副作用が起こる可能性が高いのではないか?」と考えられます。

もちろん、サプリメントで摂取する場合は、1日量をきちんと守って飲むことが大切です。しかし、これまでアスタキサンチンの副作用というものは報告されていません。

脂溶性の成分は副作用が出るのでは?

実際、脂溶性の成分を多く摂ると過剰症という症状が現れるとみなされていますが、アスタキサンチンも脂溶性の成分となります。しかしその上で過剰摂取しても正直なところ副作用が発見されていないのがアスタキサンチンなのです。

唯一副作用であると言われるのは、カロテノイドと呼ばれる成分と一緒に服用することでカロテノイドの吸収が阻害されるというケースでしょう。

しかしこれは副作用のうちに入らないと考えても良いですね。体内に吸収されるカロテノイドが若干少なくなるだけで、全く無効になるということはないのです。

また甲殻類アレルギーを持っているという人は結構な数がいると思うのですが、サプリメントでアスタキサンチンを摂取する限りではアレルギー反応は起こらないのです。

ですからエビやカニなどでアレルギーを起こしている人も、安心してサプリメントでアスタキサンチンを補い、体を錆びつきから守ることが出来ます。

体を錆びから守り、さらに若々しい肌をキープすることが出来る成分で、副作用もないと言えば、いうことなしの有効な美容成分だと言えます。