アスタキサンチンの副作用って?

トップページ
お気に入りに追加

アスタキサンチンの美肌効果が注目されています。

yubi

アスタキサンチンというものをご存知でしょうか?ふとイメージするに、赤いパッケージなどを思い浮かべる女性は多いかと思います。それほどまでに印象深いアスタキサンチンですが、実際何がどういいのか、知っている人はあまりいません。

実際、アスタキサンチンを使うとどうなるのでしょうか?事実、アスタキサンチンは抗酸化作用がビタミンEの500倍から1000倍とも言われているほど若返りの成分を含んでいると言われています。

カロチノイドというものの一種で、鮭やタイ、いくらなど、さらに甲殻類に含まれる赤い成分のことなので、赤いイメージになっているのです。

アスタキサンチンの実力とは

ではアスタキサンチンには実際にどんな美肌効果を見ることが出来るのでしょうか?まず美白効果というものがあります。日焼けによるシミを予防してくれる作用を持っていますから、紫外線ダメージから肌を守ってくれます。

美肌をキープするのに日焼けは厳禁。メラニン色素の沈着を防いでシミ予防が出来るのです。さらにアンチエイジングとしての作用があります。

強い抗酸化作用を持っているアスタキサンチンは、摂取するだけで体を活性酸素という錆びつかせる原因から守ってくれるのです。

肌トラブルであるシワやしみ、弾力のハリなどをいつまでもキープ出来るように肌に働きかけます。つまり若々しい肌を常に維持し続けることが出来ますから、アスタキサンチンの配合されている化粧品は年齢肌を感じている女性に多く買われているのです。

アスタキサンチンの摂取方法とは?

さて、そんな美肌成分がたっぷりのアスタキサンチンですが、どうやって体に取り入れていけばよいのでしょうか?化粧品として広く知られているアスタキサンチンの成分ですから、「外側からケアしていくのが当然なのでは?」と思っている人も大勢いると思われます。

確かに化粧品から肌に浸透させることも大切なのですが、普段の食生活からもアスタキサンチンを摂取することが出来ますから、赤い食品を目印にチェックをしてみると良いでしょう。

魚介類などに豊富に含まれているというアスタキサンチンは、鮭、キンメダイやタイ、イクラ、エビやカニなど赤い色をしているものにたくさん含まれますから、それらを摂取することでアスタキサンチンを摂りいれることが可能となります。

また、アスタキサンチンは熱処理をしても壊れない成分で、溶けにくい成分でもあります。

ですからどう料理しても摂取可能であるということが分かっています。メリットが多いアスタキサンチンですが、実際エビやカニを毎日食べることは難しいですから、毎日摂取出来ないというのがインナーケアとしては難しいというところでしょう。

neru

体内で変わるアスタキサンチン

実はアスタキサンチンは美肌に良いと言われていますが、実際体内に入ると成分が変わります。一部がビタミンAに変わるということが分かっています。

目の機能を正常に保つ成分がビタミンAと言われていますし、風邪、がん予防にも役立つと言われているので、病気予防としても有効な成分だと言えます。

また不眠症を改善するという効果も持っているようです。不規則な生活習慣を続けていると、寝る時間もまちまちになり、睡眠不足に陥って、やがて睡眠障害を持つことになるかもしれません。

そのような可能性が高くなるのです。しかしアスタキサンチンは睡眠障害を緩和する役目をしてくれるものですから、もし寝つきが悪いということが続いた場合、アスタキサンチンを積極的に摂ることで不眠症、時差ボケなど正常な睡眠リズムをとることが可能であると言われています。